ケータイ小説 野いちご

moon~満ちる日舞う少女~【下】






美「私が辛そうに見える?」



総「見えねぇな」



美「でしょ?だから宮野はべつに何もしなくて良いからね。…じゃー待たせてるんでさようなら先生」



総「ッチ。…気をつけて帰れよ大鳥」



私はドアを締める前に右手でひらひらとしたあと、急いで校門へ向かった。







美「ごめんっ!」



馬「おっすー!!」



美「あれ?今日仕草じゃないんだ?」



馬「俺が行きたいって言って、無理やり来ました!…なんてったってお迎えですよ?舞つ…ゴフッ」


私は思いっきり馬村の口を抑えた。



美「それは言うなって聞かなかった?(ニコォ」



馬「き、聞きましたァ!!」



ならばよし。







< 45/ 395 >