ケータイ小説 野いちご

不器用な殉愛


「私が男なら——いいえ、せめてジゼルと同じくらいの剣の腕を持っていれば! あなたに毒を盛る機会を得られたなら——私は自分の手でであなたを殺した! お母様も、きっとそれを望んだはずです」

 母は、父を愛したことなど一度もない。彼女の心は、いつだって、死んだ前夫に向けられていた。前夫との間に生まれた娘が死んだあと、ディアヌを修道院に追いやったのは——ディアヌを見ていたくなかったから。

「王が王であるためには、民の幸せのために身を削るべきだと、そう教えてくれた人がいました。私も、そうありたいと思います」

 かつて、そう教えてくれた人がいた。

 ディアヌの生き方をそれまでとはまるで違うものに変えた人。

「敗れた王家の娘として、果たすべき責任はきちんと果たします」

「何が王家の娘だ。城で暮らしたこともないくせに」

 異母兄のヴァレリアンが歯をむき出しにしてあざ笑う。そう言えば、彼とはろくに口をきいたこともなかった。ヴァレリアンは、父によく似ている。彼に対して親しみを持ったことはなかった。

「そうですね、でも、私が最後の生き残りとなれば私が責任をとるしかないでしょう」

「まだ王太子が残っている! それに、お前が生き残ることができるかどうかはまた別の話だろう?」

 この人達とは、何を話しても無駄だ。自分達の悪事について、何も感じていないんだろう。

「——私は、ここに立ち、あなた達は囚われている。それが全てですよね。それに、王太子は、この城を去りました。民を捨て、自分だけ逃げた時点で、彼に王たる資格はありません」

 一息にそれだけを言うと、ディアヌは踵を返した。これ以上、この広間の空気を吸いたくない。

「申し訳ないのですが、疲れました。私は、部屋に戻ります」

 部屋を去るディアヌを引き留めようとする者はいなかった。

< 54/ 183 >