ケータイ小説 野いちご

学年一の爽やか王子にひたすら可愛がられてます



「ねぇ、静音」


っ?!


突然、耳元で囁かれた下の名前に体がビクッと反応して、くすぐったくなった耳を慌てて手で塞ぐ。


「いい反応するね」


そう言う柊くんの方へ顔を向けると、可笑しそうにこちらを見て笑っていた。


またからかってるよ…。


「柊くんがいきなり名前で呼ぶから…」


下の名前で呼ぶのは2人きりの時だけなのに。


それにもしほかの人に聞かれてたら、柊くんとの関係を怪しまれるよ。


まぁ、私と柊くんが何かあるわけないんだけど。


「俺、緒方さんのそういう反応、結構好きなんだよね」


「……っ、」


不意打ちで名前を呼ぶところとか、『緒方さん』に戻ってることとか、ずるいよ柊くん。


「公園に着いたらさ─────」


「いた!!静音みっけた!!」


っ?!


大きなその声で、柊くんの声が遮られてしまった。


私の名前を呼びながら、人混みをかき分けて、後ろの方に立ってた私の方へ近づいて来たのは…。


言うまでもない…。




< 53/ 341 >