ケータイ小説 野いちご

馬鹿か、阿保か、屑なのか。



なんなんだ。



あの奇声はみんなを驚かせるために言ったものなのか?



人が真剣に授業受けてる時に?




こいつの頭には迷惑という字が欠落してるのか?




「授業中だからって気抜いちゃいけないよー(笑」




その猿の一言で教室が冷めきるのがわかった




「いや〜、びっくりしたな〜。
ダイゴー、授業中は静かになー?」




人気ナンバーワンの先生が必死にフォロー


さすが。と言えようその働きに拍手を送りたかった。

< 9/ 47 >