ケータイ小説 野いちご

全ての記憶を《写真》に込めて


「カメラが壊れちゃったのかな?」
よく覚えてないな……。なんだっけ?
なにか理由があった気がするけど…。
「あっ、お菓子持ってくるね!せっかく来てくれたし」
「別にいいけどぉ」
「ううん、ちゃんとおもてなししなさいってお母さんに言われてるの」
何も出さないのは流石にまずいよね。あと、初めてのお客さんだし。

「ちょっと待っててね〜」





キッチンへ向かう。いや、向かおうとした。





「えっ…………、嫌っ、何これっ……!」



玄関にあるはずのないものが置いてある。






「いや、嫌ぁぁぁあ!!」






「どうしたの!?」
茉莉ちゃんが駆け寄ってきてくれる。



「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」




死なせてしまってごめんなさい。





玄関に置かれていたのは鳥の死骸。

< 91/ 255 >