ケータイ小説 野いちご

Happy Birthday~大切な人に贈る言葉~




「ただいまー。」



俺の家は学校から歩いて15分のところにある。


「お兄ちゃん、お帰り!!」


声を聞いて4つ年下の弟、史人(ふみと)が出てきた。



「お兄ちゃん、お願いがあるんだけど。」


なんとなく察しがついた。


「バッティングならつき合わないよ。」



「な‥なんで、分かるの!?」



史人が驚く。



「服装にさらには手にバット持ってたら、なんとなく分かるよ。」


「兄上、参りました!じゃあ、話が早いね!お兄ちゃん、今からバッティングにつき合ってよ。今週、練習試合でさ相手がすごいカーブを投げるらしいから練習したいんだ!だから、お願い。」


史人が懇願する。



「そんなの、一人で行けよ。男なら一人で行く。以上!」


俺は風呂に入ろーと考えたが、史人も下がらない。


「俺、カーブ打ったことないんだよ!初めてだしお兄ちゃん、アドバイスしてよ!」


「えっ?お前、初めてなのかカーブ?」


「中学でカーブ投げるやつ、ほとんどいないよ。」


「‥わかったよ。ちょっとだけだからな。‥お金、あったかな‥。」


カーブを打ったことがないていう弟についていくことにした。


まさか、カーブを打ったことがないとは‥











カキーン!


夕方とあって人はそれほど、多くなかった。


「あっ!お兄ちゃん、カーブあったよ!」



史人が喜んでカーブのマシーンに走っていく。



「まぁ、適当に打ってな。俺、その辺うろうろしてるからさ。」


「えっ?お兄ちゃん見てくれるんじゃないの?」


「気が向いたらな。」



俺は史人の保護者程度にしか考えてなかった。


「お兄ちゃん、じゃあ、今からコイン入れるからお手本見せてよ。」



「えっ?手本見せるの?」


「そう。僕のお金だから、1つでも空振りしたらその分のお金返してよね。」



「お前‥プレッシャーかけるなよ‥。」


わが弟ながらケチなやつだなと思う。


俺は仕方なく打席に入ってみた。



俺は集中する。



周りの音が聞こえなくなる。聞こえるのはマシンの音だけ。



今だ‥!




カキーン!



快音が響いた。



周りにも音が戻っていて、ボールは高く飛んでいった。



「おぉ!お兄ちゃんすごい!!」

< 21/ 43 >