ケータイ小説 野いちご

【完】月明かりの下、君に溺れ恋に落ちた。







先に好きになったとか
好きにならなかったとか


そんなの関係ない。



人は誰しも必ず、子供から大人になるのだから
知らないものが多くて当然なんだ。



だから、今日ぶつかり合うことで
知ることが出来たこの感情はきっと



私を少しだけ大人の階段へと上らせた。




ねえ直人


私の好きと直人の好きは違うけど


また笑いあえた今だから素直に言えるよ




好きになってくれてありがとう。






楽しかった文化祭が、幕を閉じて
帰り道はいつもより、夕日が濃いオレンジ色になっていた。






















< 246/ 416 >