ケータイ小説 野いちご

「1ヶ月ちょっと前…?」


伶「2ヶ月前だ。」


「そうなんだ。あれから、そんなに経ってたんだ」


湊「なんで、もっと早く言ってくれなかったんだよ…。」


悲しそうな湊の目。


そんな顔にさせたのは紛れもなく私だ。


「……ごめん」


ただただ私は皆に謝る事しか出来なかった


< 42/ 257 >