ケータイ小説 野いちご

【完】恋のおまじないNo.2

行く宛もないけど、とりあえずコンビニに行くことにした。



家に帰ればリサがいる。



俺を好きだって?



ウソだろ…。



やっぱまだ信じらんねー。



こっちに来たのだってそれが理由だとしたらとんでもない女だな。



せめて俺の気持ちを確かめてから動けよ。



はー…だめだ、ため息しかでねーよ。



コンビニで雑誌をパラパラとめくる。




< 116/ 282 >