ケータイ小説 野いちご

初恋のキミは最愛ヒーロー


他のお客さんに紛れて一緒に出ようと思っても、あいにく店内に居る客は私一人。


店員さんは気弱そうな細身の男性で、とてもじゃないけど、“何とかして欲しい”とお願い出来るような雰囲気ではない。


困ったな…。


あの不良たちが解散するのを待ってたら、何時に帰れるか分からない。

 
早く帰らなきゃ、お母さんが心配する…。


荷物整理や掃除で疲れてるのに、こんなことで迷惑は掛けたくない…。


「…………」


こうなったら…


かなり気は進まないけど、強行突破しよう…。


お喋りに夢中っぽいから、私が出て行っても意外と気付かないかもしれない。


意を決した私は、マフラーをシッカリと巻き直してからレジで会計を済ませる。


“ありがとうございました”と抑揚のない店員さんの声を背中に受けながら、出入り口へ。


大丈夫、大丈夫。


心に何度も言い聞かせながら、足早に外へと出た時だった。



< 2/ 325 >