ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月22日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 昼頃
    • ライがバイトしてる店
    • 恋心を自覚

    それから俺は自分の気持ちを確かめるように彼女を観察するようになった
    そんなある日の事
    『レイヤ姉さん!見てくださいよこの写真!』
    『ん?どうかしたの?』
    どうやら休憩時間に入った様子の彼女とその上司?が会話をして居るのが聞こえた
    『めっちゃ可愛くないですか?
    もう一緒に住んでて幸せと言うか…!』
    『あらあら、あんたは最近幸せそうで良いねぇ』
    『えぇ、とても!』
    『しっかし写真沢山だねー幸せそうで何より』
    二人の会話に俺は完全に釘付けになっていた
    (一緒に住んでる…?しかも幸せ…?は?あいつ、まさか彼氏…いや…)

    “夫”

    という嫌な単語が脳裏によぎる
    (あーもーなんで此処まで来て気付くんだよ
    こんなことなら気付きたくなかった
    好きと気付いた時には手遅れなんてどこのドラマの話だよ)
    そんな皮肉めいた言葉を一言心の中で呟き店出た
    彼に恋心を自覚させるためのレイヤの罠だったとは二人は知らない

    開く閉じる

    • 先生
    • 屋上
    • ほっぺツンツン

    「いかがしました?」
    「あ、先生」

    中3の美友は高校見学の屋上から青空を見ていた。

    「私の家はどこかなって見ていました」
    「……理由を聞いていいですか」

    彼女は帰り道が自信ないと言った。

    「先生、東ってあっちですか」
    「お待ちください?今そっちに帰る者に同行させますから」

    そう言って日永がスマホを取り出したので彼女は慌てて彼の手を自分の手で包んだ。

    「いいんです!自分で帰れます」
    「何かあっては大変ですから。離してください」
    「イヤです!離しません」

    日永の腕にぶら下がる美友に彼はやれやれと力を抜いた。

    「困ったお嬢様だ……」
    「私はお嬢様ではありません!」

    日永は涙目で見つめる彼女の頬をツンツンした。

    「え」
    「それでは……私と帰りますか?」
    「は?」
    「ちょうど東に用事があるんです、さ」

    日永はそう言って美友の手を優しく握った。
    春風は二人をうららかに包んでいた。

    開く閉じる

    • 先生
    • お昼休み

    「ん~…」
    寝不足で、保健室で寝させてもらっていた。ゆっくり意識が浮上する。
    起きなきゃと思って、体が重いことに気がついた。
    「!?」
    目を開けると、どアップで先生の寝顔が映った。
    「せ、先生…?…ねてる」
    腕は私の周りに回された状態で。どうりで重いと思った。
    ベッドの周りには勿論仕切りがされてるけど、教師が生徒を抱きしめて寝ているというのはいかがなものか。
    先生の顔を眺める。
    「…かっこいいなぁ」
    寝ててもイケメンなんだから。
    けど寝顔は起きてるときよりも幾分か幼くて、かわいい。
    くすりと笑うと先生が声を漏らすから、私は目をつぶって寝たふりをした。
    「…んぁ、やっべ。めっちゃ寝てた…さき、咲」
    呼ばれても起きないでいると、先生ははぁとため息をついた。
    「ったく、可愛い顔しやがって。寝ぼすけさんは襲うぞ?」
    ちゅっと、額に触れる感触。
    真っ赤になる私に先生がくすりと笑った。
    …性格わる。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

初恋のキミは最愛ヒーロー (綴季/著)

感想いただけると嬉しいです

  • すみません、プロフィールよく見ないで、適当な感想を書いてしまいました……体調が悪かったのですね。

    棗も雪ドカドカに悩まされていますが、一緒に頑張っていきましょう!(←せめてもの激励のビックリマーク)

    棗 海桜   2018/12/09 14:25

  • 綴季さん……1ヶ月以上更新がありませんが、どうしましたか?

    もし他の事が忙しかったり、体調でも悪いのであれば、落ち着くまで待ってます。

    なのでどうぞゆっくり、ペースを戻して下さいね。

    棗 海桜   2018/12/09 14:17

  • お久し振りです。棗です。

    北海道在住の棗、今は何とか過ごしやすいなとか思っていたら、急に30℃超えてきました……このままだと干からびます。

    豪雨に遭われた方々がもっと大変なのは分かってるんですが、ついついジュースやアイスに走ってしまうのです…うち扇風機しか無いから尚更辛い。

    さてさて本編。壱夜が莉彩を名前呼びする様になり、クラス替えも一緒になり、距離が近づいてきましたね。

    しっかし壱夜君……アナタニブイねぇ………

    綴季さんの作品はヒロインが鈍感タイプが多いですが、今回はヒーローの方がニブイですな。だから早く色々気づけって言ってるじゃないか!

    しかも初恋について“衝撃のある”って…怖いよ怖いよ~~~(汗)

    ホントに今年はザ・猛暑!!ですけど、体調に気をつけて更新頑張って下さいね綴季さん♪

    ではまた来ますつ[かき氷]<差入れです…

    棗 海桜   2018/07/30 16:57

    棗 海桜さん

    お久しぶりです!今年の夏は本当に暑いですね。こちらも毎日暑くて、先日は私の住む地域も34℃の歴代最高気温を叩き出しました(^^;)私の家も扇風機のみなので、暑い日は職場の方がクーラーが効いていてありがたいです。
    寒さには強いですが暑さには弱いので辛いです。
    最近、仕事のストレスと暑さで殆どご飯が食べれなくなり、体調を崩して久々に医者に行きました…。

    薬のおかげで、だいぶ回復しましたが、まだまだ暑さは続きそうなので憂鬱です。
    棗さんも体調に気を付けて下さい(>_<)

    ストーリーの方は、体調をみながらで書いているため、遅くなってしまい、すみません。
    今回の章で、壱夜は莉彩に対する印象が少し変わります。でも、彼の中にある初恋が影響して……。

    亀更新ですが頑張ります!
    かき氷、ありがとうございます(*^^*)

    作者からの返信 2018/08/02 23:07

  • 綴季さんこんにちは~~。棗が住んでいる所は桜も散り、段々と暑くなってきました。

    莉彩ちゃん落ち着いて(苦笑)ただでさえクールな壱夜君が更にリアクションに困っちゃうから(汗)

    何だか莉彩は今までのヒロインに比べて、感情が前面に出てきますね。2人足して割ったら丁度いいかも。

    壱夜の初恋はてっきり棗も=莉彩という王道展開を期待したのですが、名前が違うの……?本当に初恋の子が現れたら、棗胃が痛くなるかもしれない………

    綴季さん、どうか棗の胃を助けて下さい……(←重いわっ!)

    棗 海桜   2018/05/25 17:00

    棗 海桜さん

    こんにちは!最近、バタバタしていてお返事かなり遅くなってしまい、すみません(>_<)

    確かに、莉彩は明るいというか、リアクションも大きかったりするので、少し薄めたぐらいがいいかもしれないですね。ただ、彼女の明るさにも理由が…。

    壱夜の初恋の行方がどうなっていくのかも含めて、最後まで見守っていただけたらと思います!
    もしかしたら、少し衝撃のある展開になるかもしれないですm(_ _)m

    作者からの返信 2018/06/05 14:36

  • 綴季さんこんにちは。お久し振りです。

    ちょっと事情がありまして、暫く出没頻度が更に控えめになりそうです……まぁ頑張れ棗。

    壱夜の幼少期、思ったよりもピュアでビックリしました。てっきり今のナマイ…クールな壱夜のミニチュア版かと(笑)

    これが少女マンガやドラマだと、実はああなってこうなって、そうなるハズ!(←どんなだよ)

    壱夜君…色々な事に早く気づかないと、大変な目にあうよ君。

    では更なる更新、楽しみにしていますね♪

    棗 海桜   2018/04/18 17:07

    棗 海桜さん

    お返事が遅くなってしまい、すみません(>_<)
    お忙しい中でも、私の小説に来て下さり、ありがとうございます!
    昔の壱夜は、確かに今の姿からすると想像しがたいかもしれないですね。
    今後、初恋の女の子に再会できるのか、どうなのか、亀更新でなかなか先に進んでいないですが、これからも頑張ります!

    作者からの返信 2018/04/22 18:33