ケータイ小説 野いちご

何を言っているのか分からず、わたしは唖然として彼を見ていた。


すると彼は涙目になって笑いをこらえながら、わたしの身体に絡まっている網を解いてくれた。


「さぁ、海に帰りな」


そう言って笑った顔が月明かりに照らされて、わたしはその精悍な顔つきに見惚れた。

もっと見ていたい、と思った。


でも、彼はぼんやりしているわたしを抱きかかえ、優しく海の中に落とした。


水に全身を包まれて、渇きはじめていた肌が一瞬にして潤うのを感じる。

わたしは海面すれすれのところでくるりと一回転して、波間から顔を出した。


「………あの、」


小さく声をあげると、彼は眉をあげた。


「ん?」


優しく聞き返されて、胸の鼓動がとたんに早まり、うまく声が出せなくなってしまう。


「……いえ、あの」


口ごもっていると、大きな手が伸びてきて、くしゃりと頭を撫でられた。


「もう捕まるなよ、間抜けな人魚姫」


とくんと心臓が跳ねる。


「………あ、ありがとう……」


わたしがなんとかそれだけ口に出すと、彼は「じゃあな」と笑い、巧みに櫓を操って、すいすいと遠ざかっていった。




< 6/ 12 >