ケータイ小説 野いちご

悪魔くんとナイショで同居しています





急いで朝食を掻き込むと、慌てて家を出た。



夢じゃないとすれば、魔法陣が残っているはず。

それに次咲くんに借りた、悪魔の本も無くなってる。

きっと校庭で落としてしまったんだろう。



「あっ、奏ーっ!おはよー!」

「ごめん、紗千!また後でね!」



学校に着くまでの間、数人の女子に話しかけられたけど走り続けた。

程なくして校庭に着くと、



「あれ……何もない?」



そこには魔法陣らしきものは見当たらなかった。

視界に入るのは、和気あいあいとする生徒達の姿だけ。



あっ、そうだ。

次咲くんの本を探さなきゃ。



校庭の脇に佇む、大木へ走った。

昨夜はずっと木陰にいたんだから、あるとしたらきっとそこしかない。





< 22/ 360 >