ケータイ小説 野いちご

だから俺と、付き合ってください。




「マジか……」



少し離れたところから手紙を入れた藤田の下駄箱のほうを見る。


よりにもよって藤田綾乃本人かよっ!

ここからじゃよく見えないなぁ……。


すこし大胆に藤田のことを見てみると、藤田の手の中に手紙があるのが見えた。


やっばい!!!

やっぱ読まれたくねえ!!


そう思った俺は……。



「おい!なに見てんだよっ!」



そう勢いよく駆け寄ると、叫んでしまった。

ビックリしたような表情。


大きな瞳が真っ直ぐに俺を見る。


ーードキッ!


やっべえ、可愛い……じゃなくて手紙手紙。


そう思って、藤田の手もとを見ると手紙はすでに開かれていて。



「これ、清瀬くんのっ……?」


「……中身、見た?」


「あー、うん……ごめん……」


「うわあ!まじか!なんかチョー恥ずかしいんですけどぉ……!」



マジかマジか。え、ってことは、え?

俺、藤田に告白しちまったってことだよな?



「どう……思った……?」


「え?……あぁっ、えっと、すごい真っ直ぐな気持ちで感動した……?」



……なんで疑問系なんだ。


でもまあ、いきなり告白されて引かれてはいないみたいで安心した。




< 212/ 213 >