ケータイ小説 野いちご

超マジメ彼氏と超ワガママ彼女の恋愛事情




結局、始業式をサボって屋上で話していた私とあず。


教室に帰った時には、帰りのHRも終わってた。


先生には「またサボりか」なんて笑われたけどね。


まぁ、私とあずのサボりなんて今に始まった事ではないんだけど……。



「成宮?」



帰りの用意をしていた成宮に声をかけた。



「ん?あ、神崎さん、なんか用?」


帰りの用意をしながらそう言った成宮。


しかも笑顔で。


教室に残っている生徒が私の方を見る。


そりゃ、そうだよね。


私と成宮が付き合ってる事は知ってるけど、私が学校で成宮に話しかける事なんて滅多にないんだから。



「あのさ、今日、一緒に帰らない?」


「えっ?」



さっきまで笑顔だった成宮の顔から笑顔が消える。



「ほら、たまにはいいかな?と」


「たまにって、初めてだよね?」


「はっ?」



そんなこと、どーでもいいじゃん。



「えっと、ゴメン……。ちょっとこれから用があるんだ……」


「そ、そうなの?」


「また今度、一緒に帰ろう?」



成宮はそう言ってリュックを持つと教室を出て行った。






< 174/ 244 >