ケータイ小説 野いちご

嫌いだけど…




ガラッ

「すずちゃんおはよう」

「熱何度だった?」




新庄先生がなぜか和樹先輩と一緒に来た。




「36.4です」




「…それじゃあ俺たちの前で計ってくれる?」





「や…です」

「熱ないんで」




「和樹、ちょっとあの子連れてきて」




「ああ、分かった」




あの子って誰?


「すずちゃんお粥食べた?」




「一口食べました」




「一口か…もう無理?」




「はい…」




「そっか、じゃあ点滴させてね?」




「えっ…大丈夫ですよ」



< 30/ 151 >