ケータイ小説 野いちご

嫌いだけど…



「みんな、ちょっと隠れさせてね」



「いいよー!」



「みんなありがとう」



勇気君のベッドのカーテンを閉めて隠れた。


見つかりませんように



「ん…ケホケホッケホケホ」


咳我慢しなきゃ…


点滴ずれて痛いし…



あー…怠い



走らなきゃよかった



和樹先輩怒ってるだろうな…




ガラッ

「みんな、すず先生見た?」


和樹先輩だ。




「見てないよ~」


「僕も見てない」


「雪も見てないよ」



みんなナイス!


「先生に嘘付くと後が怖いよ」



「「えっ…」」


ちょっ…

子供達になに言ってんのよ。








< 21/ 151 >