ケータイ小説 野いちご

はちみつ色の太陽

 

 




「……………う、」


「あ。美月、起きた!?大丈夫!?」



――――ぼんやりと靄(もや)のかかった思考が晴れると、次に感じたのは薬品の、鼻を刺すような独特な匂いだった。


確か倒れる直前に感じたのは、もっと甘い……思わず安心するような、そんな香りだったはず。


数回瞬きを繰り返せば、視界に映ったのは白い世界とミドリの姿。


それにゆっくりと視線を動かしながら、私は一度だけ大きく息を吐きだした。



「…………ここ?」


「保健室だよ!美月、体育の授業中に倒れたんだよ?」


「…………倒れ、た?」



 

< 27/ 465 >