ケータイ小説 野いちご

青空の下月夜に舞う


「麻衣ちゃん?」

「何」

「あは。そんなに警戒しないでよ」


ふざけた空気を纏う慶太郎。
だけど。


「本題行く前にさ。ちょっと質問あんだけど」

「いいですよ」

「俺嘘嫌いだからね」

「嘘吐く理由がないから」

「まあ、それは分かんないけど?」


徐々に。慶太郎の声色が変わって。

瞳に視線を移した時。
顔は笑ってるのに。

何て言うんだろう。

雰囲気が。笑っていない、なんて。
そんな風に感じたのは……人生で二度目の事だった。



「原嶋 雄大。この名前、知ってるよね?」



まさか雄大の名前が慶太郎から出るなんて。




射抜く視線は、心を見透かされている様で。


慶太郎から視線を外せないで居る私に、肯定の意味を悟り、ぷっくりした唇が三日月に歪む。

< 156/ 319 >