ケータイ小説 野いちご

【完】好きになれよ、俺のこと。



陽向のいる日々は優しい光を纏り、輝いていた。




俺達の間には笑顔が絶えなかったんだ。




そして、同じ時を刻む度に、もっともっと陽向を好きになっていった。




天然で鈍感でお人好しで心配性で、たまにすごくおっちょこちょいで。




そんな陽向が、心から好きだった。




だけど 


運命は思わぬ方に転がり出していた───。








< 385/ 417 >