ケータイ小説 野いちご

美人モデルは最強姫⁉︎

明日は仕事ないから天桜のほうに顔だそっかなぁ。


久しぶりにみんなに会いたいし!


私はモデルでありながら世界1の暴走族「天桜」の総長もしている。


もちろんここだけの秘密ね!


仕事のある日はなかなか立ち寄れなくて顔を出せないけど、みんなはいつでも私を笑顔で迎えてくれる。


家族よりも大切な仲間。


家なんかよりも、天桜の倉庫の方がよっぽどくつろげるし疲れが取れるんだよね。


ガチャ


「ただいまー」


玄関のドアを開けて形だけの挨拶をする。


………………。


沈黙が続いた。


またか。


心の中で予想をしておきながら、リビングまで進むと小さなメモと1万円札が置いてあった。


桜へ
仕事が遅くなるのでご飯は
出前とって食べてね。
母より


別にどーでもいいし。


もうこんなの慣れっこ。


ここ何年か、お母さんとご飯を食べたことなんてない。


お父さんは単身赴任だし、家では1人でいるのが常だった。


私だって子供じゃないし、寂しいなんて思ってない。


1人の方がむしろ楽。


けどやっぱり、そんな母親にイラッとはしちゃうみたいで…。


メモ紙に八つ当たりするようにゴミ箱に投げ入れ、寿司を頼んで1日を終えた。


< 14/ 356 >