ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

あぶない幼なじみ。

「りり花、机の上にケータイ置きっ放しにしてたから♡

りり花のケータイに玲音くん以外の男からメールなんて珍しいもんねっ♪」



「そ、そんなんじゃないよっ」



慌てて首を横に振ったけれど、

沙耶ちゃんはニヤニヤと笑っている。



お昼休みに颯大から、

"左足、完全復活!優勝狙うよ。だから心配するな"

ってメールがきていた。



大会までに左足が治ってホッとした。



すると、沙耶ちゃんが私の顔を覗き込んで小声でささやいた。



「りり花、今度"颯大さん"紹介してよ♪」



「ホントにそんな関係じゃないんだって…」



けれど、なにを言っても沙耶ちゃんは信じてくれなくて


バス停で別れるまで、「りり花に彼氏かぁ♡早く会ってみたいな。

今度、弟を見にいくフリしてりり花の彼氏見に行こうかな♪」なんて言っていた…




くぅ…


参った……




今日は病院に寄ってからアルバイトに行くつもりだったけれど、

できたら早めに来て欲しいと園長先生から連絡があったので、

学校からまっすぐ保育園にむかった。





< 155/ 427 >