ケータイ小説 野いちご

だから俺と、付き合ってください。




風が私の髪の毛を揺らす。


先輩のことが本当に好きでした。


だけど私の中で清瀬くんの存在が本当に大きくて。


自分勝手にあんなにヒドいことして彼のこと傷つけたのに。


……たまらなく笑顔の清瀬くんに会いたい。


だから、好き、なんだと思う。


私は、清瀬くんのこと。



『だから、別れてください』



この恋にピリオドを打つのは、難しい。


苦しくて、痛い。
切なくて、逃げ出したくなる。


大好きだった先輩との、最後。


永遠だと思っていた、初恋が終わる。


私が弱かったから。


待っていられなかったから。


許してとは言わない。言えない。


好きでも、どうしようもないことがあると知った。


気持ちがあっても、うまく行かないことも、知った。


私を大きく成長させてくれた恋。


先輩……。


先輩を好きになったから知れたことが、こんなにも多いよ。


だから消えないよ。


先輩を想ったこと。

好きになったこと。


消えることなんて、ない。



< 95/ 213 >