ケータイ小説 野いちご

バーベラ・・・魅了された男達


「ひび……少しだけ奥に居てもいい?」

あの人達の視界に入るのが、辛くなってきた。

「あぁ、いいよ……瑠奈、大丈夫か?」

「………うん。大丈夫、心配しないで」

疑うような視線を向けられると、小さい頃に、向けられた視線と被ってしまって、気分が悪くなることが多い。

その緩和方法として、部屋の隅に蹲って、全ての音をシャットダウンするのが、私のやり方……

でも今日は、その視線を間近で浴びすぎた……

いつものやり方で治まるかな……

とりあえずやってみるしかないか……





キッチンの奥、角の壁に身体を凭れさせる。

「っっはぁ……」

吐く息が震えているのが分かる。

ズルズルと身体を下げていけば、いつもの姿勢が出来上がる。






大丈夫、彼等は関係ない……





この暗示が私には必要だった。

< 18/ 57 >