ケータイ小説 野いちご

だから俺と、付き合ってください。



先生の呼びかけに、みんながそれぞれ散り散りに集まる。


バスケかぁ……。


中学生の時もクラスマッチとかあったけど、散々迷惑かけたなぁ。


あんな重いボールどうやってあの小さなゴールに入れるっていうの。


ムリ!絶対ムリ!


去年の球技大会も苦労したけど、

今年も、できるだけ目立たないようにしなくちゃ……!



「よぉーし!1組、やるなら優勝を目指すよ!」


「おー!」



ユカが先陣を切って女子のバスケ組をまとめている。


……すごいなぁ、ユカは。


リーダーシップもあって、運動神経も良くて。


おまけに可愛いし、愛嬌あるし……。


清瀬くんが好きになるのも、うなずける。



「わ、なんだよ、お前バスケなの?」


「そぉーですけどぉ」


「手加減しろよ?」



ユカにそう話しかけているのは、清瀬くんだった。


……清瀬くんもバスケなんだ。


清瀬くんが脇に抱えるようにして持っているのはバスケットボール。



「手加減なんてするわけないじゃん!」


「卑怯者〜!」



……笑いあってる二人はすごく画になる。


仲良しだし、雰囲気似てるし、やっぱりお似合いだなぁ。



< 102/ 213 >