ケータイ小説 野いちご

五つの顔を持つ私




「…おい、麗」

「…?」

「これはどういうことだ?ちゃんと説明しろ」

「あら、知らなかったの?」

「ああ、聞かされてねぇ」

そこで美麗に仁がここに来るまでの経緯を話した。

「転校!?」

案の定驚きを隠し切れていない美麗。

「だってまだ、クローン増幅計画の最中だろ?」

でもboss(空)の言ったことは絶対。

私達はただそれに従っていればいいだけだ。

「期限は1ヶ月」

「それじゃあ…」

と美麗が指差したのは龍神の幹部達。

「ええ、そうね。龍神も辞めなきゃいけないわ」

「よっしゃ!!」

あからさまに喜んでいる美麗。

私もとっても嬉しいわ。

だってこれでもう、監視されることはなくなったもの。

やっと解放される…!



< 117/ 120 >