ケータイ小説 野いちご

君だけに、そっとI love you.





太陽が元気良く顔を出し青空が晴れ渡る空に対して、教室にいる周翼の顔色は朝からずっと曇っていた。







椅子に座ったままの周翼が教室の時計の時間を気にして見ている。






──もう少しで、朝礼の始まるベルが鳴る。






吉井さんがまだ学校に来ていない。






いつもなら、もうとっくに学校に到着をしている時間なのに。





やっぱり、まだ昨日のことを引きずっているのかな……。




掬恵の机をじっと見て考え事をしている周翼。






──午前8時20分、朝の朝礼が始まるベルが鳴り始める。





と、その時息を切らせながら掬恵が教室に飛び込んで入ってきた。



< 44/ 268 >