ケータイ小説 野いちご

君だけに、そっとI love you.




涙を目にうっすらと浮かべた掬恵の声が響く。






「……ごめん」と肩をガックリ落とした周翼の小さな声は掬恵には届かなかった。



< 42/ 268 >