ケータイ小説 野いちご

手の届かないキミと



「な、な、なっ///」

クラスのみんなの前で、なにしたの?!?!


驚いたのは、無論、私だけじゃない。

クラスのみんなもきっと、心底驚いたことだろう。


当の本人は「ね~」なんて言って、私に同意を求めようとしてる。



「とんだヤキモチ焼き」

と、冷えた眼差しで憐みの眼差しを向ける西村くんと


「俺の可愛い古畑ちゃん、とんだ餅焼きモンスターに捕まったもんだ」

と、教室の外で苦笑いをしていた担任を


私は知る由もなくて…。



-fin.


< 454/ 466 >