ケータイ小説 野いちご

チャットの貴方に恋をする


私は恭明もとい鈴原恭平と電話をしていた。最近、荒しの増加によりskyflowerが開けなくなったのだ

「今日も開けなかったな」

「そうだね。最近は本当に荒しが多いから開いてもすぐ目つけられちゃうし…」


私はため息とともに告げた。やっぱりskyflowerを開かないと恭平や七海さんと連絡をとることができない。電話と言う手段を取っているが電話代もタダじゃないのだ。私は頭を悩ませた

「なぁ、雪那」

「ん?」

恭平が声を紡いだ

「ーーーーーーーーーー」

私は受話器を落とした。あまりにも聞いた言葉が意外すぎてーあまりにも、私が何も知らなかったのだと気付いて




< 115/ 152 >