ケータイ小説 野いちご

ひみつのルームメイト



「……いつから、行っちゃうの?」


そんな問いかけには本来あたしが答えなきゃならないけれど、そんなこと知ってるわけない。


抱えた頭を左右に振る。




「入学式の一週間前。4月1日に荷物を入れるって。
 あと、寮の説明会もその日にあるから、9時に第一体育館……」


パンフレットの間から出てきたプリントを読み上げる拓海。



「うそ……もうすぐじゃん」


カレンダーは、3月の24日を示している。


冷たい風がまた吹いてきて、3月の厚紙をめくった。



……もしかしたらそれが、4月のカレンダーの写真を見た最後だったのかもしれない。









< 12/ 340 >