ケータイ小説 野いちご

◆兄貴の彼女◆




「たまたま通りかかった公園、夕斗と藤沢さんが一緒にお兄さんのお墓に行くのが見えたの」

「そっか……」

「あの日の昼休みも……本当は藤沢さんと居たよね?私、屋上行ったんだよ」

「……いたよ」


このまま黙ってても始まらないしな。


「隼人が帰ってきてから話すよ。それでいいだろ?隼人にも、聞いてほしいから」

「わかったわ」


俺達は、会話もなくただ黙ってソファーに座っていた。

聞こえてくるのは、時計が進む音だけ。

これで、隼人や美佳がわかってくれれば……一緒に協力してくれれば……。


これは、俺の甘い考えだったんだ。








< 40/ 86 >