ケータイ小説 野いちご

獣系男子×子羊ちゃん

「あの公園に、たまってる人達、
ちょっと怖そうだけど
みんな、すごくかっこいいんだよねっ」



「うんうん!」



みんなが同意する。


ど、どうしよう…


ちゃんと言わなきゃ…



「たしか、あの人たち、3年生だよね!
モモ、どうやって知り合ったの!?

モモが合コンなんていくはずないし」



由梨ちゃんも
目をキラキラとさせている。


みんなが
好奇心に満ちた目で私を見つめている。



きちんと、説明しないと…。



「あの、あのね。

…実は…ね、

あの…………お兄ちゃんなの。」




「え?」




みんながキョトンとしている。



「私の…お兄ちゃんなの。

あの…今日…
お兄ちゃんお弁当忘れちゃって……


それで…あの、お母さんに頼まれて
その……お弁当を届けにね、
あの公園に行ってたの」



私のしどろもどろした説明に、
一瞬教室が静まりかえる。




< 18/ 420 >