ケータイ小説 野いちご

六花の翼〈リッカ ノ ツバサ〉【完】



指をさすと、瑛さんは途端に嫌そうな顔をした。


「……笑ってない」


「うそぉ……」


「もしそう見えたとしたら、仕事疲れによる筋肉の痙攣だ。

忘れろ」


何それ意味わかんない。

照れてるだけのくせに。


滅多に笑わないから……。


とく、とく、と心臓が早いリズムを刻む。


「帰るぞ」


「……はい」


あたしは黙って、瑛さんの後をついていった。




雨をやませるなんて、何だか大変な事をしてしまったのに。


それよりも。



瑛さんが笑った事の方が、あたしにとっては大事件だった。



< 164/ 691 >