ケータイ小説 野いちご

微笑む 黒蝶《クロアゲハ》





・・・・夢叶の為に存在しているのだ。」





夢「遼・・・・」




遼「夢叶、やっと会えたね。」


浚「・・・っ」


浚は、身動きが取れてないが、声は出るみたいだ。

遼「愛してる、夢叶。


俺が、守るから。」



ふわっと
柑橘系の匂いに包まれ、頭の上で囁いた。

夢「・・・・グスッ
遼・・・・」


初めて、守ると言われた。

しかも、相手が唯一愛してる遼だった――――



夢「ありがとう。・・・遼・・たしも・・愛っ・・して・・・。」



私が荒らした後に散らばる硝子で


お腹を刺した。



遼「夢・・・・

夢ぇぇええ~~~!!!!」


浚「・・!!」


竜「・・・。」


直「えっ!!」


奏「黒蝶・・」






蝶は美しい赤を参らせながら






その場で倒れて行った――――

< 57/ 89 >