ケータイ小説 野いちご

【完】ハムちゃんが恋したキケンなヤンキー君。





「ちっ。おおおお俺は、もっ…もう、かかかかっ!帰るからな!!」



そう言って立ち上がった。



スースーと眠ってるハム子を見つめる。


頬がすげー赤い。




くそっ。





「冷蔵庫、借りるぞ」



俺はすぐに下のキッチンへ行って、氷を袋みたいなのに詰める。



バカは風邪をひかない。

それは正しいのか、俺は風邪をひいたことがない。


だから、看病とか、どうしていいかわかんねーけど。


とりあえず、あの火照った体を冷やすならこれでできるだろ?




そして、出来た氷を持ってハム子の部屋にいき、でこにのっけてやった。




「……っ」



寝苦しそうだ。




ギュッと手を握ると、小さい手は熱くて。




「ハム子…」




────チュッ。



俺はこいつの頬に、キスを落とした。



なんでか、頬じゃ物足りない。






「お前が好きだよ……」



耳もとで囁いて、


名残惜しくなりながらも、そっと手を離した。




「早く良くなれよ。じゃあな」




そして、ハム子の家をあとにして、自分の家に帰った。




< 147/ 418 >