ケータイ小説 野いちご

【完】ハムちゃんが恋したキケンなヤンキー君。





「あー。だりぃ」




「いやー、緒方はいっつも授業サボってるよね!
今日1日くらい休んでも、なーんにも問題ないと思うけどな」




…………。




「何が言いたい?」




「キミ子ちゃんのとこ、いってら♪」






こいつの言い方、なんか俺の気に障る。






「……言われなくても、行くし!!」





───ガタッ。




俺は自分の席を立ち上がった。



斜め前の田中の肩が、ビクッとなったのは気のせいではない。





次は数学の授業。


サボり上等だろ。






「んじゃ、センコーには適当にいっとけよ」



俺はテツタを睨みながら言った。




「りょーかーい! キミ子ちゃんによろしくね!!」




楽しそうに手を振るテツタを無視し、俺は教室を後にした。






< 139/ 418 >