ケータイ小説 野いちご

忍魂〜夜桜が散る夜に〜





まあ、確か監察だろうな。



山崎 丞。



私はわざと気付かないふりをしていた。




井戸の水を汲むために
桶を持って外に出た。



少し早歩きで自然な感じで歩いた。




監察方も少し早くなる。




井戸の近くの角を曲り、
気配を消して苦無を出した。








< 20/ 309 >