ケータイ小説 野いちご

無口なキミにあいらぶゆー




その日の夕方、私はお母さんにちょっとした買い物を頼まれた。



コンビニで買えるものだったため、私は近くのコンビニで買うことにした。

黒髪のロングストレートの髪をポニーテールにして結んでから家を出る。


コンビニについて、頼まれたものを買う。



「えー……と、何だったっけ?あ、牛乳とチーズか……」



買い物をすませ、コンビニを出た少し先の細い道に出ると、目の前には高校生らしき男の子たちの集団が、地面に座り込んでいた。



……邪魔だし、ちょっと怖いんですけど。



通れなくてその場に立ち止まっていると、一人が私に気づいた。




「あ、ごめんねー邪魔だよねー」



と言ったので、どいてくれるのかと思ったら……。



「お前どいてやれよー」

「やだよ、面倒くせぇ」



なかなかどいてくれない。



あー、もう!

いいから早くどいてよ!!



そう心の中で叫んだとき。

















< 2/ 263 >