ケータイ小説 野いちご

闇の雨



 何か変なものでも食べたのだろうかと、昨夜からの記憶を辿ってみたが思い当たらない。気分が悪くなるほど部活で走った訳でもない。不思議に思っていると携帯電話が鳴り、快は慌てて鞄から携帯電話を取り出し、サブディスプレイを見た。

「もしもし」

 オープン通話設定にしているのでそのまま開く。スピーカーから少女の声が聞こえてきた。「もしもしあたし!」

 恋人の瀬奈だった。

「部活、途中で帰ったみたいだけど……大丈夫?」

 心配そうな瀬奈の声。快は携帯電話を握り締め、ゆっくり口を開いた。

「何か……気持ち悪くて……」

「え……? 大丈夫?」

 快の言葉にそう、瀬奈が返してくる。

「うん」

 快はそう返事し、いきなり気分が悪くなった事を彼女に話した。

「――うん、じゃ後で」

 そのまましばらく話して電話を切る。さっきまでの不快感がまるで嘘のように、本当に気分はすっきりしていた。

 神童快、十七歳、高三。

 スラッと背が高く、陸上部に籍を置く、どこにでもいる普通の男子高校生。性格は無口で真面目。中一から付き合っていて、両家公認で幼馴染でもある彼女がいる。名前は城ヶ崎(じょうがさき)瀬奈、同じクラスの十七歳。

 この日、この突然の"違和感"から、二人の丸五年に渡る戦いの日々が、ゆっくりとその幕を開けた。

< 2/ 163 >