ケータイ小説 野いちご

空と虹の境界線





「別に...永久が無事だったからおこってねぇよ」


そう言ってニヤリと今日一番に黒い笑を浮かべる総司



うあぁあっ!!!!

何まさか、私に謝らせようとしてわざと怒ったふりしてたの!!?



ひ、酷い...


チラッと睦月さんの方をみると睦月さんも何やら総司の笑みに感じたらしく身震いをしている




それにあの笑みと私の行動から分かる事が1つ


きっと私は睦月さんと藤堂さんがいなくなった後、総司から酷い事をされるだろう






< 23/ 68 >