ケータイ小説 野いちご

人間ゲーム



「よし!」


軽く頬を叩き、気合いをいれて教室へ入る。


やはり教室には誰もいない。


間に合ったか…。


まだ開けていないトランプを、内田幸平のロッカーの中に入れた。


これでよし!


後で誰かに取らせるとしよう。


「あれ?清川君今日早いね。」


え!?


振り返ると、三浦百子がドアの所で立っていた。


手にはあの財布が握られている。


「あ、いや。昨日早寝したから早く起きてしまったんだよ。」


そう言うと、三浦百子は笑顔でそーなんだと言いながら自分の席に座った。


後少し遅かったら三浦百子に見つかるところだった。


変な汗が額ににじむ。


「あ!そうそう!キシのメールみた?今日ババぬきをやるんだってね~。いつだろう?」


「そうだな、今日中にやるからな‥。オレちょっとトイレ行ってくるから。」


「そうなんだ?いってらっしゃい。」


「あぁ。」


教室を出るまではいつもと変わらないように歩き、三浦百子がオレの視界から消えた後、小走りでトイレへと向かった。


しまった‥。


今日ゲームをするとはメールで打っていたが、いつするとは書いてなかった。


< 55/ 231 >