ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月15日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • クリスマス4【お題】

    「先輩!」

    今日は特別な日。先輩と過ごす、初めてのクリスマス。
    ...といっても、私と先輩の部活が終わってからの、ほんの1時間程度しか一緒にいられないけれど。

    待ち合わせ場所に先に来ていた先輩は、私の声に反応してふわりと笑った。
    鼻の頭が赤くなっていて、いつも大人っぽい先輩が何だか可愛い。

    「寒いね。手袋ないの?」

    「あっあります。でもリュックにしまっちゃって」

    確かに寒いけれど、背中から取り出すのは少しめんどくさい。
    そう思いながら言うと、先輩は呆れたように笑って、それから私の手を掴んできた。

    私の手も先輩の手も冷たくて、その温度はよくわからない。
    顔だけが、かっと熱くなった。

    「顔真っ赤だよ」

    そんな風に言う先輩の頬も、何だか赤い気がした。


    「メリークリスマス」

    小さく、囁かれる。


    ──繋いだ手に握らされた、先輩からの贈り物に私が気付くまで、あと数秒。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • クリスマス4【お題】
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    「遅くなっちゃったなー……」

    私、佐原乃亜は図書室で勉強していたのにいつの間にか寝落ちしていて、暗くなった廊下を走っていた。

    すると中庭がなにやら明るくて、目を向けてみる。

    「クリスマスツリー……?」

    学校で飾ってあるなんて…。ロマンチックだなぁ。

    見惚れていると、後ろから腕が伸びてきて、私の体にずっしりと重みがのった。

    「ひゃっ!……って、なんだ、柚希か」

    びっくりして振り向くと、正体は幼なじみの柚希だった。

    「図書室で勉強して帰るって言ってたからずっと待ってたんだけど、いつの間にか寝ててさ。やばって思って図書室に行ったらここにいたから」

    寝てた……って。

    「わ、私も、寝てたの……。」

    「だからか、乃亜のマシュマロ肌に本の跡が残ってる。」

    柚希がぷにゅぷにゅと私の右頬をつまんでくる。

    そして耳元で。

    「クリスマスはさ、ケーキ食べて、イルミネーション見に行こ?」

    開く閉じる

    • 同級生
    • クリスマス4【お題】
    • 校門

    「クリスマス、カフェ行かない?」
    「あー、ごめん。クリスマスは彼氏とデート」
    「私も」「私もだった!」
    校舎から校門までの道。
    みんなでどっか行けないかなーって誘ってみたのにこの返事。
    「柚乃は颯誘ったら?」
    颯か。
    「無理だよ。OKしてくれるわけないし。」
    「そんなことないよ!」
    「朱莉とね、映画行くんだって」
    「は?」
    「朱莉が誘うって言ってた」
    朱莉だったらOKするだろう。
    「なにそれ。柚乃朱莉と本当に友達?」
    「うん。」
    「はぁ。これだか「ねえ、あれって颯じゃない?」
    え?
    本当だ。
    誰かを待っているのだろうか。
    そういえば、今日は朱莉が日直だ。
    「朱莉じゃない?」
    「朱莉日直だったわ」
    私は泣かない。
    「おい、葉山」
    「私?」
    なんで。
    「葉山25日空いてる?」
    「空いてる、けど」
    「じゃ、俺と遊ぼ」
    「待って朱莉は?」
    「断った」
    「え」
    「振った後でごめん。でも葉山がいい」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

人間ゲーム (はくやウズ/著)

感想大歓迎です!【人間ゲーム】の叱咤激励よろしくお願いします( ^o^)」

  • 読み終わりました。
    意外な結末にびっくりしました。
    とても面白かったです。

    これからも楽しみにしてます!

    さくらんぼーちゃん   2019/10/14 07:20

    初めまして。

    読んでいただいて、そして素敵な感想までありがとうございます!!
    感謝感激です(^^)

    これは私を反面教師にした部分と、私の気持ちを込めた思い入れのある作品でして、そういう風に書いてくださって嬉しいです。

    これからも活動していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

    本当にありがとうございました!

    作者からの返信 2019/10/14 08:47

  • うんなんとわねっと様

    はじめまして。
    読んで頂き、そして素敵なレビューまで本当にありがとうございます。
    急展開や矛盾で戸惑った部分もあったかと思いますが、そういう風に書いてくださって、感謝感激です!

    完結した後に、書き出し完結した異質の小説ですが
    2つの視線で書くことが出来、良かったと考えています。

    これからも糧に頑張っていきたいと思います。
    本当にありがとうございました(^^)

    はくやウズ   2018/05/23 20:30

  • 失礼します。

    人間ゲーム、すごく面白かったです!ゾクゾクしました♡また現実と夢との交差もすごく凝ってていいと思いました!楽しませていただきありがとうございました♪

    追記:中盤の前辺りで【あかり】が【明かり】と書かれてある部分がありました。誤字だと思うので直しておいた方がいいかとm(*_ _)m

    *なゆた*   2017/11/24 03:22

    *なゆた*様。

    初めまして。
    読んでいただいて、そして素敵な感想までありがとうございます!

    もともと夢と現実との交差は、完結した作品を後から付け加えて出来たもので、

    読みにくくないかなど、不安な部分もありましたが、そう言っていただけて嬉しいです(^-^)

    そして訂正の件ですが、申し訳ございません!!!
    すぐに確認して修正したいと思います!!

    ありがとうございました(^^)v

    作者からの返信 2017/11/24 17:58

  • りえっこ様

    はじめまして。
    読んでいただき、そして感想書いてくださり、ありがとうございます。

    ラストまで楽しんでいただけて嬉しいです!
    正直、この話は最初目が覚めるまでで完結していたのですが、大会エントリーや自分が納得がいかずに、途中で書き足して出来上がった作品です。

    ですので、そのように書いてくださり、最後まで書いて良かったなと思いました(^_^)

    これからも頑張っていきたいと思います。

    本当にありがとうございました!

    はくやウズ   2016/12/18 21:43

  • 初めまして、りえっこと申します。
    読ませていただきました。

    淡々とストーリーが進んで行く中で、展開が早いなぁと思いながら読んでいたのですが、それもそのはず、実は目覚めてからが本当のストーリーの始まりで、読むごとに謎が謎を呼び、ラストまで楽しめました。

    りえっこ   2016/12/16 13:38