ケータイ小説 野いちご

きみと泳ぐ、夏色の明日




「聞いてよ。朝から40分のスパルタメニュー。
これじゃ授業中眠くもなるって」

無言で立ち去ろうとしてたのに足止めされてしまった。


「……べつに寝てたって須賀は何も言われないでしょ」


これは完全な嫌味返し。勉強しなくても須賀は許される。

キョトンとしている顔を見て、さすがにもう私に絡んでくることはないだろう。


「間宮が俺の名前呼んだの初めて聞いたかも」

「は?」

拍子抜けの反応に私が動揺してしまった。


「だ、だからなに?名字以外呼び方なんてないじゃん」

私はそう言って逃げるようにその場を去った。


須賀って天然?それともバカなだけ?

なんで嫌味を言ってんのにそこを気にしないわけ?


どんなに冷たくしても他の人たちみたいな態度をとらないし。須賀に何かされたわけじゃないけど、やっぱり苦手だ。

なにを考えてるか分かんないし、あの水の匂い。


水泳、夏、須賀。

私にとってそれはワンセット。

一番近づきたくないものなんだよ。


< 13/ 164 >