ケータイ小説 野いちご

空と虹の境界線







「へえー叫ぶの?」



やっと総司がこっちを向いたと思ったら真っ黒い笑み。


「さっ...叫ぶよ!!!!!」



少し、総司の黒さに怖じけつつもしっかりと自分の意思を述べる。




「ふーん。叫べよ。叫んだ瞬間に永久の口塞いであげるから。」



ニヤリと笑いながら私の唇をなぞる総司。



「や、えっ.......」

戸惑いながら総司を見る。



まさかまさか叫んだら塞ぐの?



接吻で.....?
口づけで....?

「それでも叫びたい?」



グイッと総司の顔が一段と近づく。


ふるふると首を横にふる私。


「そうかだったら........な?」












< 4/ 68 >