ケータイ小説 野いちご

花簪 ーはなかんざしー



牧(まき)さんに出会ったのは、まだお化粧も知らなかった中学の頃。
彼を贔屓にしていた母に連れられて行ったのが最初だった。


「これはまた…可愛いお姫様ですね。」

そう美しい目を細めた彼を、よく覚えてる。


以来、7年。

眉を整えるのも
唇に紅を差すのも

全部
初めては、牧さんだった。









< 2/ 7 >