ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

刻印を持つ古の巫女



「炎鳥から千覇の事を聞いたみたいだね。」




「なんでそれを…」




「僕はいつでも紗良の事を見ているから。

でもね、千覇を見つけるのは僕が先だよ。」





「見つけるのは難しいって炎君が。」




「確かに難しいよ。
でもね僕にはそんなの関係ないんだ。

だって僕は魔界の王だから。
あんなやつさっさと見つけつ力を取り戻さないと。

そしたら紗良を向かいに行くからね?」





「っ、そんな事私がさせない!
千覇は私が先に見つけつ出すんだから!」




私の意気込みに目を見開く鬼慈志。





< 163/ 280 >