ケータイ小説 野いちご

刻印を持つ古の巫女



『神とは一心同体になる事。』




「紗良様、大丈夫ですか?」




「ごめんね、晴瀾。」




「いえ、私はいいんですよ。
また、何かありましたらお呼び下さい。」




そう言って晴瀾は姿を消した。




「うぅ…」




「!
おい、紗良!」




「ごめんね、炎君。」




「お前無茶すんなよ。
俺がいるんだから。」




「うん…。」




でも許せなかったんだもん…。




「帰ろう。」




この後家に帰えった私はお父さんにこっぴどく怒られた。




< 119/ 280 >