ケータイ小説 野いちご

刻印を持つ古の巫女



「お父さん?」



お父さんは手を合わせて神様に拝礼をしていた。




「紗良もしなさい。」




「あ、うん。」




私もお父さんみたいに手を合わせて神様に拝礼をした。




家族がバラバラにならずずっと笑顔で過ごせますように。




「よし、戻るか。」




「うん。」




ずっと笑顔で過ごせるといいな。





< 33/ 280 >