ケータイ小説 野いちご

花とキミ*春・夏




「はいはい‥」
ちょっと軽く流してみた。


「‥お、着いた。」

「送ってもらっちゃったね‥
ありがとう。」

「大丈夫。‥じゃあ、な。」

名残惜しく思いながらも、
繋いでた手を離した。

「うん‥じゃあね‥」

‥――キュッ

「‥お?」

これ‥前もあったな。
花菜が服の裾掴むこと‥

「あ‥ごめん。」

「どうした?」
花菜の顔を覗きこんだ。

「何か‥夢みたいって思って‥
寂しいなって。」

‥――ギュッ
花菜を抱きしめた。

「夢じゃないから‥
寂しかったら、
電話でもメールでも待ってる。」

「うん‥ありがとう。」

「じゃあな。‥家、入っとけ。」

「ううん‥見送ってる。
バイバイ!!」

本当に花菜ってズルい。

夢みたいだよな‥でも違うから。
絶対‥大切にする。




< 366/ 444 >